広島会社設立・決算・法人税申告をサポート!広島の会社設立は石田雄二税理士事務所(中国税理士会所属)

代表 石田の企業コラム

会社設立時の費用について

2014/07/31

法律上は、資本金が1円でも会社の設立は可能になりました。 ただし、1円というのは現実的ではないということは、皆さんが納得されていることだと思います。 なぜなら、会社設立時には設立するための費用が必要だからです。

会社設立の際、必要になるのが会社の組織や重要事項を定めた定款を作成し、定款には公証人の認証を受けなければなりません。 この時に公証人に支払う手数料、そして定款に貼る印紙代も必要です。 さらに定款は謄本を作成しなければなりませんので、その手数料が必要ですし、法務局からは登録免許税が徴収されます。

ざっと会社設立時に準備しなければならない費用を考えても、25万円位は用意したいものです。 もちろん、こういった費用は、会社の資本金の額によって変わるものもあります。 また、この金額は申請書類の作成などを自分で行った場合の費用ですので、面倒な書類の作成などは司法書士や行政書士に委ねるのであれば、さらに会社設立時にかかる費用は大きくなります。

法務局に出向くには交通費もかかれば、書類のコピー代もかかるでしょう。 銀行との取引開始や事業所の契約のためにも、様々な証明書類を取り寄せることもあると思います。 すべて、タダで済むわけではありませんので、1円でも会社設立が可能というのは、机上の話だと思った方がいいでしょう。

中には、費用節約でできるだけ自分でと考える方もいらっしゃるようですが、専門家のアドバイスも無駄にはならないと思いますので、気軽に税理事務所などに相談されることをお勧めします。
Copyright(C) 2013 石田雄二税理士事務所・広島ワンストップ All Rights Reserved.