広島会社設立・決算・法人税申告をサポート!広島の会社設立は石田雄二税理士事務所(中国税理士会所属)

代表 石田の企業コラム

会社設立時のホームページについて

2014/08/28

会社設立時に行なわなければならない法律上の決め事がたくさんあって、いざ会社設立と一言で言っても、無事に設立にたどり着くには、長い道のりかもしれません。 そして、商売を開始する、取引を開始するとなった時、あったら便利なもの、いえ今では無くてはならないものとなっているのがホームページではないでしょうか。

おそらく、ホームページを持たない企業は珍しくなっていると思います。 新しい取引先からは、ホームページのアドレスを教えてほしいといわれるかもしれません。 逆に、詳しいことはホームページを見てもらえばわかると言われるかもしれません。 新しい従業員を採用しても、取引先でしどろもどろになりそうな時、ホームページは活躍します。

会社設立時のホームページでは、まず会社の概要や経営理念を載せ、閲覧者の共感を得ることも大切です。 また、わかりやすい取扱商品の説明、サービスの内容、連絡先や問い合わせ方法を載せることも忘れないでください。

会社へのアクセスも重要です。 会社設立時と運営が軌道に乗ってからでは、伝えたいことや閲覧者が期待することは違ってくると思いますので、ホームページの更新も重要です。 更新が行われないホームページほど、閲覧者をがっかりさせるものはありません。

特に、キャンペーンなど終了したものがいつまでも占領しているようなページは論外です。 また、ホームページは新しい従業員の募集などにも活用できますし、アイデアによって様々な効果を生むはずです。 さらに、ホームページへのアクセスを増やすために、誘導のためのフェイスブックやブログの活用も視野に入れて展開を図りたいものです。
Copyright(C) 2013 石田雄二税理士事務所・広島ワンストップ All Rights Reserved.