広島会社設立・決算・法人税申告をサポート!広島の会社設立は石田雄二税理士事務所(中国税理士会所属)

代表 石田の企業コラム

会社設立時の税理士の選び方

2015/01/30


会社を設立するにあたって、さらに会社を運営していくにあたって、外部の専門家の上手な活用が、
会社の発展に繋がることは言うまでもありません。

その専門家の中でも、日常の会社経営に直接関わってくるのが、税理士です。
税理士がいない会社の決算期を見ると、その差は歴然です。
それは、日頃の帳簿の管理や、領収書や通帳の管理がきちんとなされているかどうかで、
決算の手間も大きく変わってくるからです。

さらに、税理士には税理士にしか認められていない、業務があります。
一つは、税務相談に応じることです。
会社の利益を考えるうえで、税金対策は欠かせません。
納税や節税すべての税金についての相談は、税理士が対応します。

さらに、税理士は、税に関する相談を受けた上で、税金の計算を行うことができ、
税務調査などの税務所の対応を行うことも可能です。

また、税理士は、税務署に提出する様々な書類作成も、
税理士自身の責任と判断で行うことができます。
以上3点は、税理士法で定められた、税理士だけに認められた業務になります。

会社設立時には、様々な判断をしなければならないことがあります。
その一つが、社長の給料ですが、会社の利益にも関係してくる経営者の給与の調整は、
期首の3ヶ月に限られ、それ以外にも、期首時には、
重要は判断をしなければならないことが多々あるかと思います。

そのためにも、出来るだけ早い時期に、信頼できる税理士を見つけることが、
会社も順調なスタートを迎えられるのではないでしょうか。


プロフィール

会社設立と銀行融資のプロ!
   石田 雄二
    (税理士、行政書士、CFP)

<<2015年1月>>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
広島 会社設立・決算サポートセンター

このブログを購読

Copyright(C) 2013 石田雄二税理士事務所・広島ワンストップ All Rights Reserved.