広島会社設立・決算・法人税申告をサポート!広島の会社設立は石田雄二税理士事務所(中国税理士会所属)

代表 石田の企業コラム

会社設立時の青色申告の承認申請書について

2015/06/26


会社を設立して登記が済んで、次に税務署へ様々な書類を提出することになりますが、
その一つに、青色申告の承認申請書の提出があります。
これは、会社が支払う法人税の確定申告に関する書類です。

この法人税の申告には、二通りの方法があり、一つが白色申告です。
白色申告は、出金と入金のみを記帳した「大福帳」を用いた申告で、
白色申告を選んだ場合は、申請書の提出は必要ありません。
そしてもう一つの申告方法が青色申告で、複式簿記で記帳を行う必要があり、
さらに、この青色申告を選ぶ場合は、承認申請書を期限までに提出しなければなりません。

ただし、この青色申告を選んだ場合は、いくつかの税法上の特典が与えられます。
その特典とは、

 1.欠損金の繰越控除が認められる
 2.法人税額の控除を受けられる
 3.特別償却が受けられる
 4.30万円未満の減価償却資産の取得価額の損金算入ができる
 5.税務署による推計課税を防ぐことができる

といった、メリットがあります。
ただし、これらのメリットを享受するためには、申請書を取り寄せて、会社を設立して3ヶ月以内、
または、設立してから3ヶ月以内に決算を迎える場合は、
会社設立年度の末日までに申請書の提出を行う必要があります。

つまり、会社設立後3ヶ月以内か、決算日までか、早い方が提出期限になりますので、
出来るだけ早い時期に、提出準備を行うことをお勧めします。
また、こういった税務関係についての相談役として、
顧問税理士を見つけておくことも、お勧めしたいと思います。


プロフィール

会社設立と銀行融資のプロ!
   石田 雄二
    (税理士、行政書士、CFP)

<<2015年6月>>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
広島 会社設立・決算サポートセンター

このブログを購読

Copyright(C) 2013 石田雄二税理士事務所・広島ワンストップ All Rights Reserved.