広島会社設立・決算・法人税申告をサポート!広島の会社設立は石田雄二税理士事務所(中国税理士会所属)

代表 石田の企業コラム

中小企業の人材投資

2018/11/19

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『中小企業の人材投資』
…最大限の投資効果を得られるよう努力を払いましょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
会社が行う投資の中で最も高額なものは人材投資です。新卒社
員を定年まで雇用すると数億円の投資になります。そして、最
も投資効果を測りにくいのも人材投資です。
 
機械等への投資は、一定のパフォーマンスが確実に見込めます。
大きくぶれることはありませんので、投資効果の将来予測も簡
単です。人材への投資は、A社員とB社員を同じ条件で雇用し
たとしても、そのパフォーマンスは大きく違う可能性がありま
す。
 
適正な人件費を測る指標のひとつに労働分配率があります。付
加価値に占める人件費の割合で、人件費が多いか少ないかを判
断するものですが、付加価値額との相対的な指標であり、また、
事業の立ち上げ期なのか円熟期なのかといったライフサイクル
によっても評価が変わりますので、人件費そのものが適正かど
うかは判断できません。
 
「良い人材」とは会社にとって重要な「資産」です。しかし、
機械の様にバランスシート上に資産として表示されませんので、
財務戦略上は軽んじられる場合があります。「収益力回復のた
めに各人の人件費を10%カットする。」というのは簡単に導
きだせる理屈ですが、10%の人件費カットが優良な資産を大
きく劣化させる危険性もあります。人材の層が厚い大企業より
も中小企業の方がより大きな影響が現れます。
 
反対に、10%の人件費増加でそれ以上の資産価値上昇をもた
らす可能性もあります。2億円で購入した人材が、やり方次第
で3億円の価値になるかもしれません。3億円の機械は、3億
円の資金が無ければ買えませんが、3億円の価値がある人材は、
2億円で買える可能性があります。人材投資の面白いところで
す。
 
中小企業の事業がスケールしない理由のひとつは人材不足です。
高額な報酬を払えない中小企業にとって、雇用した人材が投資
額以上のパフォーマンスをあげられなければ、飛躍的な成長は
難しくなります。
 
まずは人材を確保するための資金調達が必要ですが、調達した
資金を効率よく人材に投資する仕組みやノウハウの構築にも最
大限の努力を払う必要があります。過度に慎重になる必要はあ
りませんが、深く考えずに人材投資を行って失敗すれば、その
後の成長に小さくない打撃を受けます。

プロフィール

会社設立と銀行融資のプロ!
   石田 雄二
    (税理士、行政書士、CFP)

<<2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
広島 会社設立・決算サポートセンター

このブログを購読

Copyright(C) 2013 石田雄二税理士事務所・広島ワンストップ All Rights Reserved.